顎関節症は、顎の関節がずれることによって起こります。
口を開けると音がするといった所から始まり、症状が進むにつれて口が開けづらくなったり、顎が外れてしまったりと悪化していきます。
顎関節症がもたらす影響によって、頭痛やめまいや鼻づまりが生じることもあります。
顎関節症は噛み合わせの異常によって発生しますが、その原因には色々あります。
顎の酷使や食いしばり、外傷に長時間の無理な姿勢と、本当に様々です。
最近ではストレスを感じて筋肉が緊張することが、顎の関節にとって負担になり、その末に顎関節症が起こるというケースも確認されるようになりました。

⇊詳しくはこちらをご参照下さい。⇊
顎関節症の原因の説明

顎関節症の原因となる、顎に負担をかける行為を避けることで、顎関節症の発症を防ぐことができます。
ただ既に噛み合わせに歪みができてしまっている場合には、大きな口を開けないようにしても、硬いものを噛むのを避けても気休めにしかなりません。
痛い時には無理をせず、安静にしておくことが大事です。
噛み合わせは歯科の治療にて直すことができます。
なかなか症状が落ち着かず、困った時にはかかりつけの歯科に相談してみましょう。
マウスピースを入れたり、クラウンをかぶせたりして、上の歯と下の歯に均等に力がかかるようにすると、顎のバランスが治って徐々に痛みや違和感も生じなくなります。

関連記事

    None Found